AirlineCollections

記事一覧

予約サイト一覧

航空券を知る

Free Template旅行やビジネスなど、飛行機に乗る際、航空券を購入しなければ、乗ることはできません。電車に乗る時、切符を買うのと同じで、出発する空港から到着する空港までの切符と同じようなものです。
航空券を買うには、空港で目的地に行きたい航空会社のカウンターで申し込むのが一般的なのですが、当日の便に申し込むと、座席数が決まっているので、空席があれば搭乗することはできますが、そうでない場合は、次の便に乗るか、キャンセル待ちをするかの選択を迫られます。飛行機に乗る場合は、余裕を持たなければならないので、計画性を持った方が良いです。
目的地の空港へ行く飛行機を探し出し、旅行会社で申し込みを購入することができます。最近では、コンビニの端末機により航空券を購入することができます。コンビニの端末機では、パネルにタッチしながらの作業になりますが、案内どおり、タッチしたり、入力したりと、簡単に操作することで、チケットを購入することができます。ただし、入力を間違えてしまうと、違ったチケットを買ってしまうので、慎重に入力する作業が必要となりますが、自分の欲しいチケットではなかった場合には、店員に教えてもらうのも一つの仕方です。航空券を予約するならJAL・ANA・スカイマークなどの複数の航空会社のチケットを比較して選べるこちらの格安航空券予約サイトが便利です。

航空券の種類

Free Template航空券には、いくつかの種類があります。まずは航空会社で買うことができる以下の2つのチケットを挙げておきます。一つ目は「一般的」とか「普通」と呼ばれるチケットです。一般的に飛行機のチケットといえばこの普通券をイメージする人がかなり多くいます。予約の変更・キャンセル・払い戻しはできるのが、他のタイプのチケットと比べて良いです。購入してからの有効期間が最も長いタイプとなっています。
2つ目に挙げるチケットは、ペックス航空券です。航空会社が正式に認めている割引されたチケットです。ペックスにも2つの種類に分かれており、IATAペックスチケットとゾーンペックスチケットです。IATAという協会に加盟している航空会社共通の料金となっています。
ただし、チケットの料金はゾーンペックスや普通のチケットに比べて少しだけ高くなっているといわれています。ゾーンペックスとは、それぞれの航空会社が独自に価格を決定している航空券のことです。航空会社が自社サイトなどで、早期割引をしているチケットがゾーンペックスのチケットです。航空会社ごとに割引率が異なるので、旅行に行く予定があるならどのような条件で割引をするのか知っておくとよいです。